施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

耳の施術方法



耳の形も顔の印象に大きなアクセントを加えています。そのため、自分で気に入らない耳の形などを整形して修整することで、コンプレックスをチャームポイントに生まれ変わらせることができます。

大掛かりな施術は少なく、メスを使わず短時間に修整できるプチ整形も多いため、手軽に施術を受ける人が増えています。

立ち耳修整術

立ち耳修整術

立ち耳とは、耳が正面を向いていて、正対すると一般の人より耳が大きく見える状態のことを言います。専門的には、耳の先端部分が頭に対して通常は30度程度の傾きなのに対し、40度以上の角度がある状態を指します。

この立ち耳は、後ろからの音が聞こえにくいなど、生活面での支障を及ぼすことがあります。また、頭髪で隠れずに耳が目立ち、バランスが悪いなどの印象面での弊害もあります。

施術方法としては、糸を使う「埋没法」と、メスを使う「切開法」があります。

埋没法
埋没法
糸で耳を縫い付けて、耳を適切な角度に固定する施術です。使用する糸は耳の中に埋没させるため抜糸の必要はなく、縫い跡は目立ちません。
局所麻酔を使う手軽な施術で、5~15分程度で終了します。手術後は多少の内出血や違和感がありますが、数日で治まります。
切開法
切開法
一方、切開法は耳の裏の付け根を3~5cm程切開し、耳の後部と縫い合わせる施術です。耳の裏なので切開跡は目立ちません。
基本的には局所麻酔ですが、静脈麻酔を使うこともあります。施術は片耳30分程度で終了し、およそ1週間後に抜糸をします。術後には、腫れやつっぱり、鈍痛などがありますが、1週間程度で治まります。

耳たぶ修整術

耳たぶ修整術

耳たぶの修整は、ピアスホールが原因で耳たぶが裂けている人(耳垂裂:じすいれつ)や、柔道などのスポーツによって耳たぶが変形した人、耳たぶの大きさを変えたい人などに行なう施術です。

耳垂裂では、裂けた耳を縫合する施術を行ないます。縫合方法としては、W形成術(アルファベットのWの形に縫合する施術)とZ形成術(アルファベットのZの形に縫合する)があります。

また、耳たぶが裂けていなくても、ピアスホールを埋める施術も可能です。