施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ

美容外科情報

脱毛美容



むだ毛の処理は女性にとって大切なボディーケアのひとつですが、最近では男性にとっても髭やむだ毛の処理は重要なスキンケアと位置付けられ、脱毛は男女問わず大きく脚光を浴びています。

ここでは、美容に関する脱毛の種類についてご紹介します。

脱毛美容とは

脱毛美容とは

美容における脱毛とは、手足などの体毛を毛根から抜いて、再び発毛しないように処理することです。

体毛は、皮膚の外に出ている「毛幹」と、皮下にある「毛根」とに分かれ、古くなった体毛は自然に抜け落ち、新しい毛に生え替わることを繰り返します。

毛根部では古い毛が抜け落ちたあとに新たな体毛が作られます。この周期(毛周期)に合わせて脱毛を行なうことで新たな体毛が作られることを阻止し、永久脱毛が可能となります。

女性で人気の高い脱毛部位は、手足や背中、顔、ビキニライン(Vライン)など様々で、毛の質や量がそれぞれ異なるため、それぞれに適した方法が用いられます。

エステティックサロンでの脱毛

エステティックサロンでの脱毛

最近は、エステティックサロン(脱毛サロン)でも、「永久脱毛」をアピールしているところがありますが、本来、永久脱毛で使われる器械は、医療機器に該当するため、購入や使用が医師に限られます。

医療機器を取り扱えないエステティックサロン(脱毛サロン)で使用される脱毛器械は低出力のため、美容整形外科と比べて十分な脱毛効果が見込めるとは限りません。

レーザー脱毛

レーザー脱毛

体に優しい脱毛として多く採用されているのが、レーザー脱毛です。

レーザー脱毛は、脱毛する部分にレーザーを照射し、毛根部を破壊して体毛の発生を防ぎます。仕組みとしては、レーザーを照射することで毛根が熱を吸収し、それが毛包に伝導して、体毛を作る毛母細胞を破壊します。

レーザー光線は、特定の色や物質に作用するため、毛根のみに反応し皮膚や皮下組織などを傷つけることはありません。

普通の体毛では「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」が用いられ、メラニン色素が少ない産毛や、狭い範囲に密集している髭などには「ヤグレーザー」が用いられます。

レーザー脱毛による処置

レーザー脱毛による処置

レーザー脱毛は、脱毛したい部分にレーザーを照射するだけで、処置にかかる時間は部位によって異なります。

例えば、左右の脇の下を脱毛する場合は10分程度です。レーザーを照射する前に麻酔クリームなどを塗って痛みを最小限に抑えるため、照射中はあまり痛みを感じません。

永久脱毛では1~2ヵ月のスパンで5~6回照射します。処置後は肌がデリケートになっているため、入浴や飲酒、日焼けは避けるようにします。

電気脱毛(針脱毛・ニードル脱毛)

電気脱毛(針脱毛・ニードル脱毛)

電気脱毛は、針を毛穴に刺して電気を流し、毛根部を破壊する脱毛方法です。

レーザー脱毛が登場する前は、この方法が最も効果的とされていました。現在でも永久脱毛の確実性が最も高いことから、多くの美容整形外科で採用されています。

電気脱毛に使用される針は、毛根部だけにダメージを与えるように先端以外は絶縁体で覆われているため、肌表面を傷つけることもありません。

またレーザーはメラニン色素(黒い色)に反応するため、部位(毛質・毛の色)によっては効果が低い場合がありますが、電気脱毛ではどんな部位でも確実に脱毛が可能です。

電気脱毛による処置

電気脱毛による処置

針を刺すときの痛みに加えて、通電するときの痛みもあるため抵抗を感じる人もいますが、脱毛する部位を冷却して神経を麻痺させたり、麻酔を行なったりすることで、痛みはかなり軽減されます。

通電時間も0.2~1秒とほんの一瞬で、強く継続して痛むことはありません。ただし、処置に手間と時間がかかるため、広範囲の脱毛は長期間にわたる場合があります。

また、患者の安全性を考えて、処置の前にテストをして体の変化を調べることもあります。

光脱毛

光脱毛

光脱毛は、脱毛する部位に光を照射して毛根部を破壊する方法で、「フラッシュ脱毛」や「プラズマ脱毛」とも呼ばれます。

レーザー脱毛とほぼ同じ原理で、光の熱を毛根が吸収し、毛根部にダメージを与えるものです。レーザー脱毛との違いは、痛みがほとんどなく、費用が若干安い点にあります。

なお、エステティックサロン(脱毛サロン)で使用する器械は、医療機関の医療機器より光力が低く、効果が現れるには照射を何度も繰り返すことが必要となるケースが多いようです。

また、脱毛の部位や範囲、体毛の質や量によっても時間は変わってきます。

光脱毛による処置

光脱毛による処置

光脱毛に使う光は、紫外線や赤外線、可視光線など様々な波長が混ざっており、フィルターを使って不要な光をカットします。

必要な光だけを取り出すことができるため、部位やメラニン色素の量などに応じて最適な光を照射できるメリットがあります。

その一方で、脱毛の効率性がそれ程高くなく、照射する技術によって効果の差が出やすいとされています。

レーザー脱毛と比較すると確実性は乏しいですが、安心で手軽な脱毛方法として、根強い人気があります。