施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の病院・クリニック・医院情報を無料で検索できます。

ドクターマップ
病院・クリニック・医院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

美容外科情報

目もとの施術方法



他人からの第一印象に深く影響を与える「目もと」は、顔の美容整形の中でも特に人気が高い部位です。「目もと」への整形手術によって欠点を克服できる他、顔のイメージを変えられることが大きなメリットです。

最近では、メスを使わずに短時間で施術ができるプチ整形も行なわれ、安全性と手軽さが人気に拍車をかけています。

埋没法

埋没法

一重まぶたから二重まぶたにする美容整形の中で、最も多く行なわれるのが「埋没法」です。まぶたは、眼瞼挙筋が収縮して瞼板(けんばん)が持ち上げられることで開閉します。

眼瞼拳筋は、二重まぶたの人では瞼板と皮膚の2つに分かれてつながっていますが、一重まぶたの人では眼瞼だけにつながっているのが一般的です。

施術方法

「埋没法」では、重瞼線に沿ってまぶたの裏側から、皮膚と瞼板を極細のナイロン糸などを通して、2ヵ所連結・縫合し、その縫合糸を皮下に埋没させて、意図的に二重まぶたを作る方法です。

埋没法には、皮膚と瞼板を結ぶ「瞼板法」と、皮膚と上眼瞼挙筋を結ぶ「挙筋法」の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。美容整形外科によって初めからどちらかの手術方法に決められている場合も多く、医師によっても選択が分かれるため、手術の前に確認すると良いでしょう。

施術時間

いずれの方法でも、施術時間は両目で10分程度と短時間ででき、麻酔によって痛みもほとんどありません。施術費用も比較的低額な上に、術後の腫れもわずかで済むため、安心・手軽にできる目の「プチ整形」として、ほとんどの美容整形外科が採り入れています。

また、二重まぶたにしたけれどイメージと違い、もとに戻したい場合でも、縫合してある糸を抜くだけで比較的簡単に復元も行なえます。抜糸したあとも施術の跡はそれほど目立つことなく、見た目の違和感もありません。

二重まぶたを作る方法としては、埋没法の他に「切開法」があります。

上眼瞼切開(じょうがんけんせっかい)

上眼瞼切開

「上眼瞼切開」は、一重まぶたを二重まぶたにしたり、上まぶたのたるみや、腫れたように厚い皮膚を薄くしたりするために行なう切開術です。

加齢によって上まぶたの皮膚がたるんでくると、「眼瞼下垂」のように視界を遮り、肩こりや頭痛などの症状が起きます。二重まぶたへの整形術としては、「埋没法」では経年によって縫合糸が緩む可能性があり、永久的な維持が困難である一方、「上眼瞼切開」では半永久的に二重まぶたの持続が可能となります。

また、まぶたのたるみをなくすことで、アンチエイジングとして若々しさを取り戻すこともできます。

施術方法

施術方法として、二重まぶたを作るときは、重瞼線に沿って切開し、余分な脂肪などを除去して、皮膚と瞼板を糸で縫合して固定します。

まぶたのたるみを取るときは、重瞼線に沿って切開し、緩んだ皮膚を切除します。切除する長さや量は皮膚の状態、顔のバランスなどで違ってきます。

皮膚を切除したあとは、状態によって眼輪筋や眼窩脂肪など余分な組織も取り除きます。切除作業が終わると皮膚と瞼板を縫合糸で固定します。

施術時間

施術時間は30~60分で、術後1週間くらいは目に腫れが残りますが、腫れが治まると目もとがシャープになり、若さを取り戻せます。傷跡も日を追うごとにだんだん目立たなくなり、目を開けている状態では二重まぶたに隠れてほとんど分かりません。

上眼瞼切開による二重まぶたの形成では、自然な感じの二重まぶたを長く維持できます。