医学生モエに聞くいい病院の探し方

病院・医院の検索ならドクターマップ

【医師監修】手足口病やヘルパンギーナ、咽頭結膜熱(プール熱)など、ウイルスが原因で発症することが多い「夏風邪」。子どもが発症しやすいと言われていますが、大人でもクーラーの風や夏バテによって免疫力が低下して、夏風邪にかかることはあります。元気に夏を過ごすために、「夏風邪の予防法」や「夏風邪を早く治すコツ」を知っておきましょう。

モエとリサ
病院・医院の検索ならドクターマップ

CONTENT

咳・熱・喉の痛み…夏風邪の予防と早く治すコツ


夏風邪について

こんにちは!

HMR大学医学科1回生の小林モエです。

暑い日が続きますが、皆さん「夏風邪」をひいたりしていませんか?

夏風邪は「ひくと長引く」というイメージもあり、できることならひきたくないですよね。

ところが、夏はエアコンや扇風機などで、体を冷やしてしまいがち。

その結果、免疫力が低下してしまい、風邪をひきやすい状態になってしまうことも!

夏風邪をひかないためには、免疫力を落とさないように体調管理をすることが重要なんです。

今回は「夏風邪の予防法」と、「夏風邪を早めに治すコツ」についてお話します!

夏風邪の主な原因と症状

夏風邪の主な原因と症状

夏風邪はウイルスが原因のことが多く、「エンテロウイルス属のエコーウイルス」「コクサッキーウイルス」「アデノウイルス」などがその代表となります。

これらのウイルスが、手足口病(てあしくちびょう)やヘルパンギーナ、咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ※通称「プール熱」)などの、「夏風邪」を引き起こすのです。

これらのウイルスの多くは、お腹の中で増殖するもの。
そのため体外への排出までに時間がかかって、風邪が長引く傾向にあります。

したがって、一般的に普通の風邪は3日程度で熱が下がるのに対し、夏風邪は5日前後と、高熱が長く続いてしまいがちなのです。

夏風邪は主に子どもが発症することが多いと言われていますが、大人でも発症することはあり、しかも重症になりやすい傾向にあります。

お子様の看病をするときなどは注意して下さい。

また、ワンシーズンに何度も夏風邪にかかることもあるため、油断できません。

ここからは、上記に出てきた「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱」という、3種類の夏風邪の特徴を確認していきましょう。

発疹の出る夏風邪「手足口病」

発疹の出る夏風邪「手足口病」

手のひらや足の裏、口の中に、水疱(すいほう)性の発疹(水ぶくれ)ができる「手足口病」。

口の中の発疹は、2~3mm程の大きさになることもあります。

手足の発疹に痛みや痒みはありませんが、口の中には痛みが出ることも。

高熱が出ることは少なく、微熱程度で、全身状態は良い場合がほとんどです。

例年、小さい子どもが多く感染しており、平成25年8月の厚生労働省の「手足口病に関するQ&A」では、「感染者の90%前後が5歳以下の乳幼児」であると報告されました。

しかし、手足口病は大人もかかる病気です。
手に水疱ができて痛い場合は手足口病を疑ってみましょう。

高熱、水ぶくれのできる夏風邪「ヘルパンギーナ」

高熱、水ぶくれのできる夏風邪「ヘルパンギーナ」

「ヘルパンギーナ」は手足口病と似ていますが、喉の痛みが強く、低年齢では高熱になることが多いという特徴があります。

ときには水分を摂ることができなくなってしまう程の喉の痛みがあり、脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。

熱が下がってからも、喉の痛みがなくなるまで4~5日は安静にしたほうが良いでしょう。

喉の痛み、結膜充血が出る夏風邪「咽頭結膜熱(プール熱)」

喉の痛み、結膜充血が出る夏風邪「咽頭結膜熱(プール熱)」

喉の痛みや発熱、結膜炎などの症状が出る「咽頭結膜熱」。

夏季にプールの水やタオルの共用などで伝染することが多いため、日本では別名「プール熱」と呼ばれています。

プール以外でも、手指や唾液、目やに、排泄物などから感染するため、感染者に接するときは要注意。

高熱が続くため、医師の診断を受けて解熱剤の服用をするなど、熱を下げて体の負担を軽減させることも大切です。

なお、咽頭結膜熱(プール熱)については、こちらの記事でも詳しくお話しています。
出席停止!?結膜炎がうつる原因と会社・学校・保育園等での対処法

夏風邪を予防するには

夏風邪を予防するには

どの病気にも言えることですが、体力をつけることや、免疫力を高めることはとても大切です。

特に暑い季節は夏バテなどで食欲が落ちて、偏食気味になってしまうことが多いため、しっかりと栄養を摂ることを心がけたいですね。

また、「暑さ」がストレスになると免疫力低下の原因になるため、我慢しすぎずにエアコンも活用していきたいところです。

ではここからは、「生活面と食事面における夏風邪の予防法」を確認していきましょう。

生活面での予防法

夏風邪を予防するためには、日々の生活習慣の見直しが必要です。

外から帰ったらすぐにうがい、手洗い、目薬をする

外から帰ったらすぐにうがい、手洗い、目薬をする

喉や手、目に付いたウイルスをしっかり洗い流しましょう。

不調を感じたら、無理せず早く寝る

不調を感じたら、無理せず早く寝る

睡眠や休息は、免疫力を保つために重要です。

エアコンは温度を低くしすぎない

エアコンは温度を低くしすぎない

エアコンは26~28度くらいに設定しましょう。

オフィスが寒い場合は、上着を羽織るなどして体を冷やしすぎないようにして下さい。

布団の湿度を下げる

布団の湿度を下げる

布団の湿度が多いと、ダニが繁殖しやすくなります。

ダニはアレルギー性疾患や、場合によっては風邪症状を長引かせる原因になるので、防ダニ対策が大切。

特に布団の下には、除湿シートなどを敷くと良いでしょう。

なるべく人混みを避ける

なるべく人混みを避ける

人が多いと、それだけウイルスに感染する確率も高くなります。
なるべく人混みは避けましょう。

食事での予防

食事での予防

高タンパク・低脂肪を心がけた食事でしっかりとバランス良く栄養を摂って、抵抗力を高めましょう。

バランスの良い食事とは・・・

  • エネルギーとなる糖質を多く含む主食(米・パン・さつまいもなど)
  • 丈夫な体をつくるタンパク質を多く含む主菜(魚・肉・大豆など)
  • ビタミン・ミネラルを多く含む副菜(野菜類など)

を揃えた食事です。

さらに抵抗力を高めるためには、以下の栄養素などを摂ると良いでしょう。

ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAは、ウイルスの侵入元である鼻や目の粘膜を強化します。
(レバー・うなぎ・小松菜・かぼちゃ・ほうれん草など)

ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCでコラーゲンの生成を助けたり強度を上げたりして、皮膚や粘膜を強化しましょう。
(ミカン・キウイ・ピーマン・ジャガイモなど)

発酵食品

発酵食品

腸内細菌のバランスを良い状態に保ち、腸内環境を整えることで、風邪予防に貢献できます。
(キムチ・ヨーグルト・納豆・チーズなどの発酵食品)

発酵食品は1日2回以上、朝と夜など間を空けて摂ると良いでしょう。

腸内環境を整えることが風邪予防になるというのは、少し意外だったのではないでしょうか?

腸管は、体外とつながっている唯一の内臓。
24時間365日休まずに、食物や空気中から体内に侵入してきた病原体を感知し、排除しています。

そんな免疫システムが発達している腸を整えることで、より風邪をひきにくくできるのです。

■参考参照サイト:

夏風邪を早く治す方法

夏風邪を早く治す方法

しっかり体調管理や予防を行なっていても、夏風邪にかかってしまうことはありますよね。

でも、ウイルスをやっつける特効薬というのは存在しないため、夏風邪にも即効性のある治療法はないのが現状です。

しかし、ウイルスによる夏風邪を長引かせない対策はできます。

ここからは、夏風邪を早く治すのに効果的な方法を見ていきましょう。

夏風邪を早く治すために食事で気を付けること

夏風邪を早く治すために食事で気を付けること

夏風邪をひいてしまったら、ひどくなる前にしっかりと食事を摂って栄養補給をし、体力と免疫力を高めることが大切です。

脂肪や食物繊維が多い食べ物などは、消化に悪いので避けましょう。

消化の良いお粥やうどんに、卵や白身魚、鶏ささみといった低脂肪高タンパクな食材を組み合わせたあっさりメニューがおすすめです。

ホットミルク、ココア、コーンスープなどを飲むのも良いでしょう。

また、食事だけでなく、じゅうぶんな睡眠や休養も大切です。

無理に会社や学校へ行ってしまうと、夏風邪が悪化して長引いてしまいます。

夏風邪は、高熱が長引いて苦しい思いをすることもあります。

喉がイガイガする、痛い、咳が出るといったときは、夏風邪を疑って、くれぐれも早めに対策するようにしましょうね!

■参考参照サイト:公益社団法人 鳥取県医師会


リサ
夏風邪のウイルスは、冬にひく風邪のウイルスとは違うものなんだね~。

小林モエ
手足口病とか咽頭結膜熱とか色んな種類があるし・・・夏の間に何度もかかることがあるのは嫌だなぁ~!

リサ
家族の中で夏風邪が延々まわる・・・なんてこともあるかもしれないね。

小林モエ
私、怖いから夏はずっとひとりでいようかな・・・。

リサ
素敵な王子様のような人が目の前に現れても、そう言っていられるかなぁ?

小林モエ
うぅーん、悩ましい・・・!

■参考参照サイト:

※この記事は、2017年8月時点の情報に基づいて作成されています。

監修医師プロフィール

産業医 山田 琢之たくじ 先生 (エスエル医療グループ栄内科

エスエル医療グループ栄内科 院長 山田 琢之先生

略歴

昭和30年
愛知県生まれ
昭和54年
愛知医科大学卒業
名古屋大学医学部予防医学教室入局
昭和60年
名古屋市職員健康管理センター所長
名古屋市産業医
平成5年
医学博士(名古屋大学)
平成6年
愛知医科大学助教授(産業保健科学センター)
平成8年
名古屋大学医学部講師(非常勤:予防医学)
平成12年
エスエル医療グループ「栄内科」院長
なごや労働衛生コンサルタント事務所長
平成13年
愛知医科大学客員教授
平成20年
日本労働安全衛生コンサルタント会愛知支部長

お近くの内科の病院を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

こちらの記事も読まれています

ページの先頭へ戻る