医学生モエに聞くいい病院の探し方

病院・医院の検索ならドクターマップ

【医師監修】傷口にガーゼや消毒液を使わず、人間の自然治癒力を生かした処置をする「湿潤療法(しつじゅんりょうほう)」。これまで、怪我ややけどの患部は消毒して、ガーゼで覆うという治療が多かったですよね。しかし現在では、細胞へのダメージや細菌の繁殖を減らすため、患部を水で洗いワセリンなどで保護するだけの「湿潤療法」を行なうことが増えているのです。今回は、そんな湿潤方法のやり方と効果についてお話します。

モエとリサ
病院・医院の検索ならドクターマップ

CONTENT

怪我・傷・やけどのケア、消毒しないでケアする湿潤療法とは?

湿潤療法について

「怪我ややけどをしたときには、消毒をしてガーゼや絆創膏で保護をする」というのがかつての常識でした。

しかし最近は、ただれ、やけど、すり傷などの怪我に対して消毒液やガーゼを使わない「湿潤療法(しつじゅんりょうほう)」が主流だと言われていることをご存知ですか?

では、湿潤療法とはどんな治療法なのでしょうか?

今回は、湿潤療法でよく使われているワセリンやパッドでのケアの仕方について、お話しています。

ぜひ、チェックしてみて下さいね!

湿潤療法とは?

湿潤療法とは?

みなさんは、怪我・傷ややけどができたとき、どんな治療法でケアをしますか?

「とりあえず消毒して、ガーゼや絆創膏を貼っておく」そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

体に傷ができると、「血小板」という細胞が血液を固め、かさぶたができます。

その後、「マクロファージ」と呼ばれる細胞や、白血球の一種である「好中球(こうちゅうきゅう)」が細菌を除去し、段々と細胞が傷口を修復していくのです。

このメカニズムに注目した治療方法が、「湿潤療法」。

従来の消毒液を使った治療法は、雑菌だけでなく傷口を治そうとする細胞にまでダメージを与えてしまい、治りが遅くなることがありました。

また、ガーゼは傷を治すために必要な「浸出液(体の表面からにじみ出て傷を保護する液体)」を吸い取ってしまったり、ガーゼ自体が細菌の繁殖場所になったりすることも。

しかし湿潤療法は、ガーゼや絆創膏での問題を回避し、傷を治そうとする自然治癒力を最大限に引き出そうとする治療法であり、傷口がきれいに治ることもメリットのひとつです。

湿潤療法のやり方

湿潤療法のやり方

湿潤療法のやり方としては、まずは傷口を洗って清潔にします。

その後、消毒液は使わず、ワセリンやパッドを貼りつけて自然治癒を待ちましょう。

最近では湿潤療法専用の絆創膏が多く市販されており、大きな切り傷や化膿しているような傷以外の軽度なものであれば、家庭でもじゅうぶん治療できるようです。

湿潤療法でのすり傷の処置

湿潤療法でのすり傷の処置

出血しているすり傷の場合、まずはタオルなどを当てて軽く圧迫し、血を止めましょう。

血が止まったら、傷口の汚れや異物を取るために水で洗浄します。

その後、やけどの処置と同じように白色ワセリンを塗ってラップを被せたり、湿潤療法用のラップや絆創膏を貼ったりして傷口を覆って下さい。

傷口にツルツルとした皮膚が再生して液体がにじみ出てこなくなるまでは、こうした処置が必要です。

ただし、すり傷の中に泥や砂が入り込んでしまっている場合や、傷が深い場合、または痛みや発熱がある場合は、必ず病院を受診して下さい。

湿潤療法でのやけどの処置

湿潤療法でのやけどの処置

湿潤療法は、やけどのケアにも適していると言われています。

その処置方法を見ていきましょう。

やけどの湿潤療法の処置1:冷たい水で洗う

やけどをしたら、まず患部を冷たい流水で数分間しっかりと冷やします。

衣服を着た状態でやけどをした場合は、「服を着たまま」で冷やして下さい。

これは、服を無理に脱ぐことでやけどした皮膚も一緒にはがれてしまうことを避けるためです。

冷やすことで、やけどがそれ以上ひどくなることを食い止めてやけど跡が残りにくくなりますし、冷却で痛みを軽減させる効果もあります。

やけどの湿潤療法の処置2:ワセリン・ラップなどで覆う

やけどが軽度な場合には、患部を冷やした後に白色ワセリンを塗り、ラップ、または湿潤療法用の絆創膏を使って傷口を覆います。

やけどの湿潤療法の処置3:水ぶくれがあるやけどの処置

やけどの湿潤療法の処置3:水ぶくれがあるやけどの処置

やけどで水ぶくれができてしまった場合は、その水ぶくれの部分に細菌が繁殖して傷が化膿することがあるため、医療機関で切除してから湿潤療法を行なうことがあります。

■参考参照サイト:湿潤療法により、痛くなく、早く、きれいに傷を治す – 京都逓信病院

重度のやけどは病院へ

重度のやけどは病院へ

なお、やけどが重度の場合と低温やけどの場合には、必ず病院で処置してもらうようにしましょう。

重度のやけどとは、皮膚の色が変わっていたり、痛みを感じなくなっていたり、広い範囲でやけどしたりしている場合です。

これらの場合には、必ず皮膚科や外科の病院を受診するようにしましょう。

湿潤療法で病院を受診したほうが良い場合

湿潤療法で病院を受診したほうが良い場合

重症のやけどやすり傷以外にも、以下のような場合は自分で湿潤療法を行なわずに、皮膚科や外科の病院を受診して下さい。

  • 感染症が疑われる傷(発熱や、動物にかまれたことによる出血・腫れなど)
  • 刃物などによる深い傷や大きな傷、または皮膚が欠損している
  • 砂・泥、木片、金属、古い釘などの異物が、体の中に残っている
  • 手足や指が動かない、しびれる
  • 血が止まらない

など

先程もお伝えした通り、湿潤療法は細胞にダメージを与えず自然治癒力を高めますし、傷口は消毒液よりも水できれいに洗ったほうが細菌感染を予防できます。

しかし、洗っただけでは取れないような異物が入っている場合や、自然治癒では間に合わない程の出血や損傷がある場合は、皮膚科や外科の病院での治療が必要不可欠です。

湿潤療法で対処できる怪我とそうでない怪我を見極めて、適切にケアしましょう。

■参考参照サイト:一般的な擦りむき傷の治療法|湿潤療法により、痛くなく、早く、きれいに傷を治す – 京都逓信病院

※この記事は、2017年7月時点の情報に基づいて作成されています。

監修医師プロフィール

産業医 山田 琢之たくじ 先生 (エスエル医療グループ栄内科

エスエル医療グループ栄内科 院長 山田 琢之先生

略歴

昭和30年
愛知県生まれ
昭和54年
愛知医科大学卒業
名古屋大学医学部予防医学教室入局
昭和60年
名古屋市職員健康管理センター所長
名古屋市産業医
平成5年
医学博士(名古屋大学)
平成6年
愛知医科大学助教授(産業保健科学センター)
平成8年
名古屋大学医学部講師(非常勤:予防医学)
平成12年
エスエル医療グループ「栄内科」院長
なごや労働衛生コンサルタント事務所長
平成13年
愛知医科大学客員教授
平成20年
日本労働安全衛生コンサルタント会愛知支部長

お近くの外科の病院を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

こちらの記事も読まれています

ページの先頭へ戻る