医学生モエに聞くいい病院の探し方

病院・医院の検索ならドクターマップ

【医師監修】出産によって消耗した体力や精神面を回復するため、できるだけ安静にするのが望ましいと言われている「産褥期(さんじょくき)」。産褥期は子宮内膜炎や膀胱炎、マタニティーブルーなどのトラブルも引き起こしやすいため、じゅうぶん気を付けなければなりません。そこで今回は、「産褥期に起こりやすい母体トラブル」や、「産婦人科の病院での治療法」についてお話します。

モエとリサ
病院・医院の検索ならドクターマップ

CONTENT

産褥期(産後)の母体トラブル!産婦人科の病院での治療と予防まとめ

産褥期について

産褥期(さんじょくき)とは、産後すぐから産後 6~8 週間までの、「母体を回復させる時期」のことを指します。

赤ちゃんを体内で育て出産するというのは、非常に体力のいることですし、知らないうちに大きなストレスを抱えているもの。

そのため、この時期の母体は安静にして、出産で消耗した体力やたまった精神的ストレスを少しでも早く妊娠前の状態まで回復する必要があるのです。

今回は、産褥期(産後)によく起こる母体トラブルの産婦人科での治療と予防についてお話します。

また、「産褥期の適切な過ごし方・母体を回復させる過ごし方」や、「なぜ産褥期に安静にしなければならないか」についてもお話していますので、産後と出産を控えた方は、最後までチェックして下さいね!

産褥期とは?

産褥期とは?

先程お伝えした通り、産褥期とは、産後すぐから産後6~8週間の時期のこと。

この時期はまだ母体が回復しておらず、産婦人科の病院でも母体の健康に配慮した診察が行なわれます。

また、退院後も2週間程度は、入院しているときと同じようにゆったり過ごすことが大切です。

ここからは、この時期に起こる母体の変化や、気を付けるべきことをチェックしていきましょう。

産褥期(産後)の母体のメカニズムと安静が必要な理由

産褥期(産後)の母体のメカニズムと安静が必要な理由

妊娠中の子宮は、中にいる赤ちゃんを守るために大きく膨らむもの。

しかし出産が近付くと、今度は赤ちゃんを外に押し出すために収縮を続け、出産直後には子宮内の胎盤剥離面(たいばんはくりめん)にできる血管の断面をふさぐためにさらに急激に収縮します。

その後も、子宮は大きくなったり小さくなったりしながら、もとの大きさへ。

また、子宮がもとに戻る間は、悪露(おろ)として残った胎盤や血液が継続的に体外へ排出されるようになります。

こうした子宮の活動によってホルモンのバランスが変化し、母体の体調面や精神面にも影響が現れるようになるのです。

ホルモンの変化以外にも、産褥期は体力の低下や精神的ストレス、体内の変化などが重なって心身の不調が現れやすいため、母体は安静にして体力や精神面を回復させる必要があります。

産褥期に母体の回復を早めるために気を付けること

産褥期に母体の回復を早めるために気を付けること

ここからは産褥期に気を付けるべきことや、母体の回復を早めるポイントについて確認していきましょう。

産褥期(産後)は骨盤にできるだけ負担をかけない

産褥期(産後)は骨盤にできるだけ負担をかけない

産褥期は出産によって体力が低下しているだけでなく、骨盤周辺の靭帯が引き延ばされることにより、腰部周辺の不安定な状態が続きます。

そのため、この時期は骨盤に大きな負荷をかけないことが重要。
出産直後などは、歩行も最小限にするほうが良いと言われています。

産褥期(産後)は長時間立ったり、重い物を持ったりしない

産褥期(産後)は長時間立ったり、重い物を持ったりしない

産褥期の家事は家族にもサポートしてもらい、長時間立って行なう作業や、重たい物を持ち上げるようなことはできる限り控えて下さい。

また、赤ちゃんを抱きかかえるときも立ちっぱなしではなく、なるべく座ったほうが安全です。

ただし、座ってできるからといって、車の運転をするのは危険なのでやめましょう。

体力も低下していますし、体を動かすだけでふらつくこともある時期ですので、急なトラブルが起こり得る運転は極力避けたほうが賢明です。

しかし、安静を守るためにずっとベッドに横たわったまま、6週間動かずに過ごすのも良くありません。

産後3週目からは、無理のない範囲で適度な動きのある生活を心がけて下さい。

産褥期(産後)は産褥体操から体を慣らしていく

産褥期(産後)は産褥体操から体を慣らしていく

徐々に運動できる体を取り戻すため、そして緩んだ骨盤をもとに戻すために、産婦人科の病院では退院後にも行なえる「産褥体操」を指導します。

産褥体操は、産後体調が良ければ徐々にスタート。
緩んだ腹筋や骨盤周辺を鍛えて、悪露の排せつやお通じを良くすることで、産後の回復を早めることが目的です。

産褥体操は、できれば退院後3~6ヵ月程度まで継続して行なうことが望ましいと言われています。

産褥期(産後)に起こりやすい母体のトラブルとは?

産褥期(産後)に起こりやすい母体のトラブルとは?

産褥期(産後)には、母体に様々なトラブルが起きやすくなります。
ここからは、その症状を具体的に見ていきましょう。

産褥熱(さんじょくねつ)

産褥熱(さんじょくねつ)

産褥熱は出産後10日前後までに発熱し、抗生物質での治療ができないと多臓器不全になることがあるため、かつては非常に恐れられていた症状のひとつです。

発熱の原因は、出産の過程で感染する細菌。
しかし近年は医学が進歩していることや、産後に継続的に抗生物質が処方されることなどから、発症は稀だと言われています。

ただし発熱がある場合には、念のため産婦人科の病院に相談するのがおすすめです。

乳腺炎

乳腺炎

産後の発熱でよく見られるのが、乳腺炎です。

乳腺が炎症を起こすことで発熱してしまうのですが、症状の特徴としては乳房が腫れる、しこりができる、痛みがあるなども確認されます。

授乳している人の2~3割が発症するとの報告もあるので注意しましょう。

乳腺炎には2種類あり、ひとつは母乳の飲み残しや胸部への圧迫による「急性うっ滞乳腺炎」、もうひとつは細菌などが入って炎症を起こす「化膿性乳腺炎」です。

予防策としては、授乳時に母乳を左右バランス良く飲ませる、栄養バランスの良い食事を摂る、胸部を圧迫しないなどが考えられます。

ただし、発熱を伴う「化膿性乳腺炎」は、ひどくなると産婦人科の病院で抗生物質を処方してもらったほうが良い場合もあるため、判断に迷ったときは相談してみると良いでしょう。

子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)

子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)

先程お伝えした通り、子宮は出産後に急激に収縮し、その後も少しずつ収縮を続けますが、以下のような要因によって子宮収縮が正常に行なわれないこともあります。

  • 胎盤や卵膜などが悪露として出きらず、子宮内に残っている
  • 子宮筋腫や子宮内膜炎を起こしている
  • 双子以上の多胎児を妊娠したり、胎児が大きく育ち過ぎたりした
  • 子宮収縮抑制薬を長期間使用した
  • 母体が大きく疲労している

これらの理由で子宮がもとに戻らない状態を、「子宮復古不全」と呼びます。

子宮復古不全が起こると、細菌感染による子宮内膜炎や子宮筋層炎などのリスクが高くなるので、原因を取り除くことや、産婦人科の病院で抗生物質の投与を行なうなどの治療が必要です。

血栓性静脈炎(けっせんせいじょうみゃくえん)

血栓性静脈炎(けっせんせいじょうみゃくえん)

血栓性静脈炎は、静脈の中に血栓ができることにより、周辺の皮膚が炎症を起こしている状態のこと。

主に足の付け根から足首までが赤く腫れ、痛みを伴います。

血栓性静脈炎が産褥期に多いのは、一度肥大した子宮が下大静脈(かだいじょうみゃく)を圧迫することによって血液の流れが悪くなり、血栓ができやすくなるため。

産後にベッドで横になっている時間が長かったり、水分不足だったりするとさらに血流が悪くなるため、これらを避けることが予防につながります。

また、血栓性静脈炎になってしまった場合は、血流を良くする運動や薬での治療を行なうことが多いでしょう。

内臓下垂(ないぞうかすい)

内臓下垂(ないぞうかすい)

妊娠中はお腹が緩んで膨らみ、また出産のために骨盤周辺の靭帯も緩みます。

このことが原因で、内臓が下腹部に下がってしまうのが「内臓下垂」です。

産褥期だけに起こるものではありませんが、条件としては産褥期に非常に起きやすいと言えます。

内臓が下がっているだけなら問題ないと考える人もいるかもしれませんが、内臓が下がって本来と違った位置に片寄ってしまうと、それぞれが圧迫し合って血流やリンパが滞る原因になり、冷えや便秘、不妊症などを引き起こすことも。

産婦人科の病院で指導された産褥体操で、まずは腹筋を鍛えたり、骨盤周りを鍛えたりして、もとの体型を取り戻すように努めましょう。

膀胱炎(ぼうこうえん)

膀胱炎(ぼうこうえん)

出産時は膀胱の神経がマヒしやすくなるため、尿が膀胱に残りやすくなったり、膣から出る悪露や分泌物などが膀胱に侵入しやすくなったりして、膀胱炎になることがあります。

産後は陰部などの消毒を行ない、清潔に保つことが重要です。

ただし、痛みがひどい場合や発熱を伴う場合には、産婦人科の病院に相談してみると良いでしょう。

マタニティーブルー

マタニティーブルー

妊娠・出産は身体的な負荷や変化をもたらすのと同時に、精神的にも大きな負担がかかります。

また、育児に対する不安などによって、産褥期に軽度のうつ症状が現れるのも珍しいことではありません。

産後7~10日以内に見られる一過性の軽度のうつ症状は「マタニティーブルー」と呼ばれ、多くの場合は経過観察となります。

しかし、産後1ヵ月までに起こる急激なうつ症状は「産褥精神病」と呼ばれ、病院での治療が必要になる場合もあるので注意して下さい。

マタニティーブルーの存在をあらかじめ家族が理解しておくことで、いざ症状が出たときの戸惑いや動揺が軽減され、適切な対処ができるでしょう。

妊娠・出産は、心身ともに大きな負担がかかるもの。

産褥期の過ごし方次第では、母体に大きな弊害をもたらすこともあります。

母親本人だけでなく周りもその大変さを理解して、産褥期(産後)にトラブルが発生しないようにサポートしてあげましょう。

■参考参照サイト:

※この記事は、2017年7月時点の情報に基づいて作成されています。

監修医師プロフィール

産業医 山田 琢之たくじ 先生 (エスエル医療グループ栄内科

エスエル医療グループ栄内科 院長 山田 琢之先生

略歴

昭和30年
愛知県生まれ
昭和54年
愛知医科大学卒業
名古屋大学医学部予防医学教室入局
昭和60年
名古屋市職員健康管理センター所長
名古屋市産業医
平成5年
医学博士(名古屋大学)
平成6年
愛知医科大学助教授(産業保健科学センター)
平成8年
名古屋大学医学部講師(非常勤:予防医学)
平成12年
エスエル医療グループ「栄内科」院長
なごや労働衛生コンサルタント事務所長
平成13年
愛知医科大学客員教授
平成20年
日本労働安全衛生コンサルタント会愛知支部長

お近くの産婦人科の病院を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

こちらの記事も読まれています

ページの先頭へ戻る