医学生モエに聞くいい病院の探し方

病院・医院の検索ならドクターマップ

【医師監修】進行すると失明してしまうこともある「緑内障」。眼圧の上昇によって視野が狭くなったり、見えない部分ができたりする怖い目の病気です。一度失った目の機能を回復させる方法はないため、緑内障は早期発見して症状を食い止めることがなにより大切。今回は「緑内障の原因と早期発見のポイント」や、「眼科の病院での治療法」についてお話します。

モエとリサ
病院・医院の検索ならドクターマップ

CONTENT

進行すると失明の可能性も!?緑内障の原因と早期発見するポイント

緑内障について

緑内障とは、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする目の病気で、日本に住む40歳以上の20人に1人がかかる病気と言われています。

また、年齢とともに緑内障になる確率が上がることも分かっているため、「今は大丈夫だから」といって安心できません。

この緑内障が恐い理由は、初期段階で気付くのが難しいことと、いったん悪くなった視野や視力はもとに戻すことができず、進行すると失明してしまう危険性があるから。

そのため、早期発見・早期治療によって失明のリスクを減らすことが大切です。

今回は、そんな緑内障の症状・原因・治療法や、手術についてお話します。

緑内障とは?

緑内障とは?

緑内障は、主に「眼圧(がんあつ)」の上昇を原因とする目の病気です。

眼圧とは、目の中の圧力、言い換えると「目の硬さ」のこと。
この眼圧が上昇して視神経を圧迫してしまうことが、緑内障の大きなリスク要因になります。

一定の眼圧を保つためには、一定量の房水(ぼうすい)が必要です。

房水とは、目の中を満たしている体液のこと。
この房水が、目の中を同じ経路で循環することで、一定の眼圧を生み出しています。

房水を循環させるための目の部位は、水晶体(すいしょうたい)、虹彩(こうさい)、線維柱帯(せんいちゅうたい)、隅角(ぐうかく)、毛様体(もうようたい)、シュレム管など。

それらの場所で房水が作られ、それと同じ量の房水が目から出ていくことで、眼圧が保たれているのです。

緑内障は、初期段階では気付きにくいもの。

実際に緑内障であっても自覚症状がない人も多くいますし、最初は緑内障と診断されなかったのに実は緑内障だった、というケースも見受けられます。

先程もお伝えした通り、緑内障は視野が狭くなったり、視野の中に見えないところができたりして、最終的には失明に至ることがある恐ろしい目の病気。

今の医学では完治を目指すことができないので、進行を遅らせる方法が採られます。

そのため、いかに早期に発見するかが、緑内障と付き合っていくための一番のポイントです。

■参考参照サイト:4.眼圧とは | よくわかる緑内障―診断と治療― | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会

緑内障で気を付けるべき「眼圧」とは?

緑内障で気を付けるべき「眼圧」とは?

眼圧(目にかかる圧力)が上がると目はギュッと圧縮されて硬くなり、逆に眼圧が下がるとやわらかくなります。

日本人の正常眼圧は10~20㎜Hgで、平均眼圧は14.5±2.5㎜Hg程。

ただし、正常眼圧であるからといって緑内障にならないわけではありません。

眼圧が正常範囲でも「正常眼圧緑内障」と診断されるケースも数多くありますし、別の視神経の異常が原因となることもありますので、過度に眼圧ばかりに目を向けないほうが良いでしょう。

とは言え、眼圧を低下させることで緑内障のリスクを軽減できるのも事実。

まずは、自分の眼圧が正常なのか、そして緑内障へのリスク軽減のために眼圧のコントロールが必要なのかを、眼科の病院で相談してみましょう。

緑内障の検査

緑内障の検査

緑内障は、視神経の形や機能に特徴的な変化が出ているかどうかによって診断されます。

主に行なわれる検査は、隅角(ぐうかく)を観察する「隅角検査」、視神経の障害を調べる「眼底(がんてい)検査」、そして目の見える範囲を調べる「視野検査」です。

これらは緑内障と診断されたあとも、継続的に眼科の病院で行なわれる検査でもあります。

緑内障の症状

緑内障の症状

緑内障がある程度進行している場合には、自覚症状として視野に異常が感じられます。

しかし、いずれの種類の緑内障も徐々に症状が進行するため、初期段階では異常を感じないこともあると理解しておいて下さい。

自覚症状としては、視野に黒い点ができて見えない場所ができる、視野が狭くなってくるといった異常が起こるのが一般的です。

緑内障の原因である眼圧の上昇は、眼痛や目の充血、かゆみ、頭痛、吐き気などをもよおすこともありますので、早期発見の目安にして、気になったときには眼科の病院に相談しましょう。

■参考参照サイト:7.緑内障の症状 | よくわかる緑内障―診断と治療― | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会

緑内障の種類

緑内障の種類

緑内障にも、いくつか種類があります。
それぞれの緑内障について詳しく見ていきましょう。

原発開放隅角緑内障(げんぱつかいほうぐうかくりょくないしょう)

原発開放隅角緑内障(げんぱつかいほうぐうかくりょくないしょう)

先程もお伝えした通り、眼圧を左右するのは房水の循環ですが、この循環がうまくいかなくなることがあります。

その原因のひとつが、「線維柱帯」という部分の目詰まり。

線維柱帯は目の隅角(角膜と虹彩の間)にありますが、この部分が詰まると房水が循環できなくなり眼圧が上昇してしまいます。

これにより視神経が障害されて緑内障になるのが、原発開放隅角緑内障です。

正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)

正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)

眼圧が正常値であるにもかかわらず、緑内障を患っているケースも数多くあります。

そういった眼圧異常を確認できない緑内障が、「正常眼圧緑内障」。

原因は不明ですが、視神経周囲の血液循環や個々の素因などが関係しているのではないかと考えられています。

原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりょくないしょう)

狭隅角
閉塞隅角

前述した「原発開放隅角緑内障」は、隅角は開放されているものの、線維柱帯が詰まることで房水の循環ができない状態でした。

一方こちらの「原発閉塞隅角緑内障」は、隅角自体が閉じてしまっている状態です。

線維柱帯と同様に、隅角が閉塞した場合も房水が循環できず眼圧が上昇しますので、視神経が障害されます。

発達緑内障(先天性の緑内障)

発達緑内障(先天性の緑内障)

「発達緑内障」は、生まれつき目に異常があり、それが緑内障の原因になっているものを言います。

生まれつき隅角が閉塞している場合や、もともと眼圧が高くて眼球が大きくなってしまう場合があり、乳幼児期に緑内障と診断される人も多いです。

乳幼児の場合、眼球拡大が進む時期には、症状が急速に悪化する可能性が高いので、早期の手術療法が採用されます。

続発緑内障(ぞくはつりょくないしょう:他の病気が原因の緑内障)

続発緑内障(ぞくはつりょくないしょう:他の病気が原因の緑内障)

「続発緑内障」は、緑内障以外の病気で眼圧が上がることが原因となり、緑内障も引き起こしてしまうというものです。

隅角だけが原因となるわけではないので、どういった病気がどんな作用をしたのが原因かを探る必要があります。

続発緑内障の治療は、原因となっている病気の治療と並行して行なうことが重要です。

緑内障の原因

緑内障の原因

先程もお話したように、緑内障の原因は眼圧異常、もしくは別要因による視神経の障害です。

ただし、眼圧が上昇していない場合でも緑内障になる可能性があることには留意しましょう。

基本的には高齢になるにしたがって発症の可能性が高くなるので、眼に異常を感じた場合は、とりあえず眼科の病院を受診することが重要です。

緑内障の治療

緑内障の治療

緑内障の治療は、「眼圧」を下げることを中心に行なわれます。

ここからは、緑内障の治療方法について具体的に見ていきましょう。

点眼薬による緑内障の治療

点眼薬による緑内障の治療

緑内障の治療は、薬物療法が主です。

多くの場合は点眼薬が処方され、ケースによっては眼圧を下げる内服薬が眼科の病院で処方されることもあります。

点眼薬の種類も非常にたくさん出ているので、症状の度合いや眼圧の状況などを確認しながら処方されますが、場合によっては複数の点眼薬が処方されることも。

いずれにしても症状の改善ではなく、現状維持を目的として処方されます。

基本的には様々な薬効の点眼薬が開発されているので、症状に合わせたものが眼科の病院で処方されますが、中にはレーザー治療などの手術を要する緑内障もあります。

手術による緑内障の治療

緑内障の手術には、2種類あり、「レーザー手術」「観血的手術」があります。

緑内障のレーザー手術(レーザー治療)

緑内障のレーザー手術(レーザー治療)

閉塞隅角緑内障の場合は、眼科の病院での「レーザー手術(レーザー治療)」が選択されます。

治療の方法は主に、房水を停滞させている隅角に孔(こう)と呼ばれる穴を開ける方法と、線維柱帯にレーザーを照射して房水の排出を促進する方法。

いずれの治療も、眼圧を上昇させている房水へアプローチします。

緑内障の観血的手術

緑内障の観血的手術

薬物療法やレーザーでの手術で改善が見られない場合には、眼科の病院で観血的手術が選択されます。

手術の内容は、眼圧を上昇させている原因である房水の停滞を改善するために、房水の排出経路を作るというものです。

排出方法には、房水が染み出るようにする方法や、線維柱帯を切開する方法などがあります。

緑内障で気をつけること

緑内障で気をつけること

お伝えしている通り、緑内障は進行性の病気であり、最終的には失明に至ることがあります。

また現在の医学では、治療をしても低下した機能は回復しません。

点眼薬、レーザー治療、手術と、眼科の病院での治療方法は様々ありますが、いずれも「緑内障をこれ以上悪化させない」ことが目的なのです。

緑内障は早期発見・早期治療が大切

緑内障は早期発見・早期治療が大切

一度失われた機能が回復しないということは、「早期に発見して緑内障の進行を食い止める」ことがなにより大切になります。

視野が狭くなったり、視力が低下したりしてからではなく、少し違和感がある程度の段階で眼科の病院を受診すれば、目の機能が低下するのを防ぐことができるのです。

年に1回は緑内障の定期健診をする

年に1回は緑内障の定期健診をする

緑内障は徐々に進行し、また両目同時に発症するものでもないため、発見が遅れがちです。

自覚症状がない場合も非常に多いので、できることなら定期的に眼科を受診して、緑内障の疑いがないか診てもらいたいもの。

むしろ自覚症状が出てからでは遅いのだという意識を持っておいたほうが良いかもしれません。

緑内障での禁忌薬

緑内障での禁忌薬

一部の風邪薬、咳止め、睡眠薬、抗アレルギー薬には、「緑内障の方は飲まないように」と注意書きをしている場合があります。

よく使われる薬で禁忌(使用禁止)とされている物は、抗ヒスタミン剤(「かゆみ止め」や「風邪薬」の一部で使用される)や、ベンゾジアゼピン系(「睡眠薬」としてよく利用される)などです。

これらの薬を控えたほうが良いのは、房水を循環させるのに重要な役割を果たしている器官を刺激して、眼圧を上昇させるリスクがあるから。

特に狭隅角(きょうぐうかく)の場合は緑内障発作を起こすこともあるので、緑内障と診断されている方は薬を飲む前に眼科の医師に相談するようにしましょう。

緑内障治療の点眼薬が合わない場合は医師に相談

緑内障治療の点眼薬が合わない場合は医師に相談

緑内障の点眼薬には、数多くの種類が出ています。

症状の程度や効果、眼圧の推移などを見ながら自分に合った物を見つけることが重要です。

自身で効果を検証することは難しいので、不快な症状があれば、眼科の病院の定期受診で症状をきちんと伝えられるようにしておきましょう。

緑内障にかかると失明を待つしかない時代もありましたが、今はずいぶんと治療方法が増えてきています。

完治は難しいものの現状維持はできるようになってきているので、健康なうちから定期的に眼科の病院で検査して、異常を早期発見できるように心がけましょう。

■参考参照サイト:

※この記事は、2017年8月時点の情報に基づいて作成されています。

監修医師プロフィール

産業医 山田 琢之たくじ 先生 (エスエル医療グループ栄内科

エスエル医療グループ栄内科 院長 山田 琢之先生

略歴

昭和30年
愛知県生まれ
昭和54年
愛知医科大学卒業
名古屋大学医学部予防医学教室入局
昭和60年
名古屋市職員健康管理センター所長
名古屋市産業医
平成5年
医学博士(名古屋大学)
平成6年
愛知医科大学助教授(産業保健科学センター)
平成8年
名古屋大学医学部講師(非常勤:予防医学)
平成12年
エスエル医療グループ「栄内科」院長
なごや労働衛生コンサルタント事務所長
平成13年
愛知医科大学客員教授
平成20年
日本労働安全衛生コンサルタント会愛知支部長

お近くの眼科の病院を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

こちらの記事も読まれています

ページの先頭へ戻る